当支部会員参加による行事日程

戻る
 古式日本刀鍛錬 一般公開
 刀匠、研師、柄巻師、鞘師、白銀師の実演
 会場・関鍛冶伝承館
 1月2日、2,3,4,5,6,7,8,9,11,12月の第1日曜日
 10月は、関市「刃物まつり期間」に開催



平成29年度「支部活動」日程

支部活動 期   日 会   場
 回定例研究会・総会  平成29年 5月28日(日)   茜部公民館
 第2回定例研究会
 支部創立60周年記念祝賀会
 平成29年 7月9日(日)   ホテルグランヴェール岐山
 回定例研究会  平成29年 9月10日(日)   関市文化会館
 回定例研究会  平成29年 11月26日(日)   岐阜市南部コミュニティーセンター
 回定例研究会・懇親会  平成30年 1月20日(土)   ホテルグランヴェール岐山
 6回定例研究会  平成30年 3月25日(日)   岐阜市南部コミュニティーセンター

※ 研究会に一般参加・見学を希望される方は事前に、住所・電話番号・氏名・年齢・職業を記してお申込み下さい。

申込先 : 〒500-8258 岐阜市西川手四丁目20番 日本美術刀剣保存協会岐阜県支部 
                                 e-mail 
houji@pg8.so-net.ne.jp

       (当日の飛び入り参加、および反社会的団体に関係する方は固くお断りいたします。)

尚、参加会費は 1,000円/1回 を申し受けます。



 第3回定例研究会・日本刀初学講座

 
平成29年9月10日(日)関市文化会館にて午前から日本刀初学講座を行い、午後からは日本美術刀剣保存協会京都府支部より
 副支部長・岡敏光先生、理事・村井信夫先生にお越し頂き、第3回定例研究会を開催致しました。

 日本刀初学講座の様子

 定例研究会・鑑定刀

 1号刀 脇差 奥州仙䑓(台)住國包【二代】

 初代國包の作刀は保昌風で柾目が揃って通る刃文はよく沸えた中直刃、匂い深く冴えている二代の作風は初代より地鉄が詰むのが特徴で、
 柾目の場合は直刃かのたれになり、本作の様な互の目の場合はよく詰んだ地鉄になる。
 

 2号刀 脇差 粟田口近江守忠網【二代】

 本刀工は初代近江守忠網の子供で二代を引き継ぎ、一竿子・合勝軒と号した。
 当初は初代の作風に似た足長丁字に砂流しがかかる作品が多いが、後期は濤瀾乱れや大互の目乱れなどの作品を製作する。
 本作は小板目肌よく錬れて地沸がつき、足長丁字乱れに刃中砂流しかかる。
 

 3号刀 脇差 井上真改 菊紋 延寶八年八月日

 井上真改の本名は井上八郎兵衛、和泉守國貞の次男として生まれる。初銘は親と同じ和泉守國貞と切り、萬治四年ごろ朝廷から菊紋を賜り
 寛文十二年、真改と号し井上真改と銘した。
 初代和泉守國貞は堀川國廣の下で修業をし、國廣の死と共に河内守國助と大坂に移り大坂新刀の祖となる。
 本刀は小板目がよく詰んで、刃文は匂いきわめて深く冴え真改の特徴が出ている。

 4号刀 脇差 越後守包貞【二代】 

 本刀工の作風は鎬の高い造り込みで、小板目詰んで地沸が細かくついた大坂地鉄で鎬地は柾になる。
 刃文は互の目乱れ・濤瀾乱れなどが多く、こまかな沸が一面につき、濤瀾乱れの場合は矢筈の様な刃が交じるのと刃文の谷に掃け心がある。
 本作も大坂地鉄に濤瀾乱れを焼き、ところどころに矢筈の様な刃が交じる。
 

 5号刀 刀 大和守吉道【二代】

 作風は丁子乱れが最も多く簾刃が交じることがあり、匂い出来で足や玉状の焼きなども入りにぎやか。
 河内守國助二代の様な拳型丁字が本作にもあります。
 本作は鎺元に簾刃風の砂流しがあり、切先に向けて丁字乱れ刃文の中に小さい拳型丁字を交え、
 大和守二代の特徴である虎の尾返り、玉焼きなどがあります。
 

 6号刀 刀 藝州廣嶋住播磨守藤原輝廣 二ッ胴截断可爲子孫之重器者也【二代】

 初代輝廣は埋忠明寿に学び、清洲にて福島正則に仕え慶長元年肥後守を受領、福島家の転封に従い藝州廣嶋に移り、
 福島家が改易後は浅野家に仕え十四代まで廣嶋で栄える。
 本作は美濃系の名残か、地鉄は板目に刃寄り流れて柾がかる。
 刃文はのたれに尖り刃がところどころに交じり、このあたりにも美濃系が出ている。
 

 刀装具 林 和靖の図 銘 藻柄子宗典 木瓜鉄地透鐔

 「江州彦根住」と銘した和漢人物、龍、合戦の図柄が多い。
 宗典は京都八幡生まれで後藤派の手法を学び、宝永の頃(1710)彦根中藪に移住し、彦根彫の基礎となる。
 



 第2回定例研究会・支部創立60周年記念祝賀会

 
平成29年7月9日(日)ホテルグランヴェール岐山において、支部創立60周年記念祝賀会を開催いたしました。
 当日午前中は名刀鑑賞会と、富山県支部の澤田康則氏を講師に入札鑑定会を行い、午後は式典と懇親会を行いました。

 鑑賞刀(12振)

  1号刀.剣   ☐國 (伝粟田口)

  2号刀.太刀 重要刀剣 國綱(古備前) 

  3号刀.太刀 特別重要刀剣 忠重(古備前) 

  4号刀.太刀 重要刀剣 雲生

  5号刀.太刀 重要刀剣 備前国雲次(折返し銘) 

  6号刀.太刀 重要刀剣 備中國住次直作(折返し銘) 

  7号刀.太刀 重要刀剣 備州長舩祐光/文安五年二月日(金象嵌銘)万治元年戌閏十二月廿六日 三ツ胴切落 山野加右衛門尉永久華押 

  8号刀.刀   重要刀剣 備前國住長舩与三左衛門尉祐定/天文六年二月吉日 

  9号刀.薙刀 重要刀剣 九州筑後ニテ下坂八郎左衛門作/慶長八年八月吉日 樋口越前守持料 

  10号刀.刀   左衛門尉藤原氏房/永禄十三年四月吉日(織田信長が比叡山攻めに帯びると伝わる)

  11号刀.脇指 長曽祢興里入道乕徹(緒方竹虎 元、副総理旧蔵)

  12号刀.短刀 備前國住長舩源兵衛尉祐定/元亀元年八月吉日


 
 鑑定刀(5振)

 1号刀 太刀 銘 國宗(古伯耆)

  踏張りがあり、元先の幅差がつき小切先に結ぶ、平安末期から鎌倉初期の姿。
  地鉄は板目肌立ち、古備前と比べてややひなびた感がある。
  佩表中頃に地斑映りがあり、古備前・古一文字・雲類・古青江・古伯耆などとみられる。
  刃文は直刃調小乱れに小丁字、小互の目を交え、佩表の中頃には小湾れを小互の目でつなぐ古伯耆の特徴がみられる。
  また佩表の鎺元がうるんでおり、古備前ではその様なものは少ない。

 2号刀 刀 銘 宇多真國

  室町時代天文頃の刀工。2口重要刀剣があり、いずれも乱れた刃文である。
  室町後期の片手打ちの時代であるが、本刀は注文打ちであろうか、この様な長いものも造られている。
  しかし柄を外すと茎が短く、先反りがついて、片手打ちが延びた姿とみてとれる。
  刃文は皆焼で、南北朝期の皆焼は匂口が深く、沸の厚い薄いがあって、グラデーションがかかった感があるが、
  それと比べ、本刀の様に匂勝ちにキリキリとした刃文構成になるのが室町時代の皆焼に多くみられる。
  また同時代、備前の祐定・勝光などと、刃がやや沈んだ感がある。

 3号刀 刀 銘 隅州柁城住正景

  伯耆守正幸門人、加治木島津家の抱え工。
  小湾れに互の目・尖り刃を交え、匂深い。師の正幸とよく似る。
  姿は身幅広く、大切先、元先の幅差少なく幕末の刀姿であるが、長さがあり手持ちが重い薩摩刀特有の造り込み。
  地刃共に地沸厚くついて、相州伝を加味しており、いわゆる薩摩の芋蔓もみてとれる。
  なお同じ薩摩刀でも、一平安代であればもう少し刃文が穏やかとなり、正清であれば正清の鼻たれと称する
  乱れの先に砂流しかかるものが多く、元平ならば中切先が延びるがこの様な大切先のものは少なく、
  もう少し地刃の冴えがある。

 4号刀 短刀 銘 則重

  8寸ほどでふくら枯れ、筍反りの姿。
  地鉄は則重の松皮肌、地刃の境が働きで判然としない則重独特の地刃である。

 5号刀 脇差 銘 備中守康廣

  身幅尋常で反り浅く、先幅目立って小さくなる寛文新刀姿。淡く映りたち、直調の焼き出しに丁字乱れの刃文。
  同備前伝の古作であれば太刀姿で、映りがもっと鮮明にたち、帽子は乱れ込む。
  石堂派では主に帽子は丸に返る(ただし長幸は尖る)
  そして石堂でも紀州石堂は直調の焼出しがあり、総じて刃がこづむ。
  また江戸石堂であれば帽子が少したるんで返るものが多い。





 第1回定例研究会・総会
 
平成29年5月28日(日)公益財団法人日本美術刀剣保存協会・学芸員、日野原大先生に講師としてお越し頂き、
 茜部公民館にて第1回定例研究会及び総会を開催いたしました。

 ※以下画像をクリックすると大きい画像が開きます。

 1号刀 太刀 朱銘 来國光 七十七叟 松菴 (第14回特別重要刀剣)
      
 
  鎬造り・庵棟、磨上がっているが元来身幅広めで、元先の幅開かず中切先が延び、元々は腰元が反って
  先へも反り格好が加わった、鎌倉末期から南北朝初期の姿。
  地鉄は板目に杢目交じり、来物にある沸映りや来肌は本作では顕著でなく、青みを帯びた地景が働く。
  刃文は中直刃調で刃縁に喰違刃を交え、光の強い刃沸が厚くつき、金筋・砂流し・丁子足などの変化がある。
  帽子は概ね小丸。
  なお極者の松菴とは明治時代の宮内省御用掛の稲生真履のことで、古美術研究家。
 2号刀 太刀 無銘 了戒(重要美術品)

  鎬造り・庵棟、尋常やや細めの身幅で元先の幅開き、小さめの切先、帽子は小丸。
  磨り上がっており踏張り少なめであるが、浅く反り格好が加わり、鎌倉後期頃の細身の姿。
  了戒は通常流れ肌等が交じり、白け映り調の物が多いが、本作は鍛えも精美で沸映りといってよい力強い映りが出ている。
  刃文も直刃調で小丁子・小互の目を交えて、匂口は明るく細かな沸が付いて冴え、通常みられる事の多いうるみの気はない。
  来國俊といってもよい出来で、了戒らしいところとしては、鎬が高い、柾が交じるというところである。

  3号刀 短刀 銘 備州長舩元重/正和五年二月日(第18回重要刀剣)

  平造り・庵棟、常寸で尋常な身幅、内反りの加わった鎌倉後期の上品な短刀姿。
  地鉄に乱れ映りが立っているが、本作は鍛えに流れ肌交え肌立ち、地斑状の鉄も交じっているので、備前でも傍系という見方でよい。
  刃文は元重系特有の焼頭が角互の目調で、谷に陰の尖り刃交じり、匂勝ち。元重は通常、帽子は鋭く尖るが、本作は丸みを帯びて倒れ気味。
  美濃伝風にも見えるが、美濃だとこの様な角互の目調の出来は基本的に少ない。
  なお元重の年紀は正和から南北朝期の貞治まで確認しているが、正和五年は最も古い年紀。


  4号刀 刀 銘 備前國住長舩与三衛門尉祐定/天文三年二月吉日

  鎬造り・庵棟、短めの寸法で尋常な身幅、元先の幅があまり開かず、先反りが目立って加わる。
  室町後期、永正・大永頃の片手打ちの打刀姿。
  鍛えは末備前の上作らしい板目の詰まった鉄色の明るい綺麗な地鉄で、乱れ映り立つ。
  刃文は腰の開いた互の目丁子の焼頭に小丁子・小互の目を交えて沸よく付く、末備前特有の複式互の目。帽子も複雑に乱れこんで焼く。
  なお勝光であれば腰の開いた乱れの焼頭にもう少し丁子が交じったり、乱れと乱れの間に丁子をあしらったり等のほか、
  足がよく入り、一段と華やかな物が多い。


  5号刀 短刀 銘 近江大掾藤原忠廣(第10回重要刀剣)

  平造り・庵棟、身幅広め、大きく寸が延びて重ね厚く、ほとんど無反りで、慶長新刀からからやや下ったところの短刀姿。
  鍛えは綺麗な小糠肌、刃文は帯状の直刃、帽子はふくらと平行に小丸に返る。表裏に彫物、寸長くやや細めな吉長彫。
  肥前刀で小糠肌、帯状の直刃、ふくらに平行な小丸帽子が完成するのは、初代晩年の武蔵大掾以降である。
  初代の五字忠・住人時代だと、板目・杢目で肌合いが大きかったり、地斑状の鉄が交じったり、
  直刃も綺麗な帯状とならず、湾れたり喰違刃・二重刃が交じったりする。
  また彫物も、もう少しずんぐりした宗長彫となる。


平成28年度「支部活動」

平成27年度「支部活動」


平成26年度「支部活動」


平成25年度「支部活動」


平成24年度「支部活動」


平成23年度「支部活動」


平成22年度「支部活動」


平成21年度「支部活動」


平成20年度「支部活動」


平成19年度「支部活動」


平成18年度「支部活動」


平成17年度「支部活動」


平成16年度「支部活動」


平成15年度「支部活動」


平成14年度「支部活動」


平成13年度「支部活動」


平成12年度「支部活動」